御社のビジネス方法をビジネスモデル特許にする
H O M E 特許相談 セミナー情報 実  績 専門スタッフ 会社案内 お問い合せ
ビジネスモデル特許とは
ビジネスモデル特許の動向
BM特許の取得・活用ブログ
ビジネス特許八話
特許相談
ビジネスモデル特許セミナー
ビジネスモデル特許開発方法
ビジネスモデル特許開発
五つのステップ
ブレインストーミング八話
特許開発セミナー
特許の受託開発
実績はこちらへ
ビジネスモデル特許Q&A
ビジネスモデル特許で
よく聞かれる質問ベスト8
出願手続に関して
よく聞かれる質問ベスト8
ビジネスモデル特許が
取れない三つの理由
大学との取組み
慶応大学SIV
多摩美術大学
関連情報
関連リンク集
プレスリリース
ビジネスモデル特許
ニュース!
メールマガジン
著作権コンサルティング

株式会社キング・ジムとのビジネスモデル特許の

共同ビジネス化に成功!



 当社は、当社が取得したビジネスモデル特許「QR時計」(特許第3713039号)について、株式会社キングジムと共同でビジネス化に成功しました。

 「QR時計」は、訪問介護のホームヘルパーや、家庭教師、工事現場の労働者など、ある特定の場所に出向いて仕事をする方の勤怠管理のための時計です。

 従来、このような派遣先での勤怠管理は、派遣されたホームヘルパー、家庭教師自身が自己申告に基づいて勤務時間を管理されていたため、不正に又は過誤により勤務時間を正しく把握できないし、また派遣先に出向いたことをリアルタイムに把握することができませんでした。

 この「QR時計」は、全面の緑色のボタンが押されると、電波時計に基づいた現在時刻と、予め派遣場所に紐付けられている時計IDとからQRコード生成して表示します。このQRコードを持参した携帯電話で読み取って、センタへ送るだけで、センタでは「いつ(時計の時刻)」、「どこに(時計ID)」、「だれが(携帯電話番号)」を特定できるという世界初の画期的な仕組みです。

 メキキ・クリエイツは、この特許を2004年4月に出願し、翌年の8月には特許化しました。そして、この特許を事業化すべく、株式会社キングジムと共同で事業化に向けて検討を行い、2005年2月には、特許製品として、世界初の画期的な商品としてプレスリリースできました。

 勤怠管理による労働時間の管理が叫ばれている今日において、今では、訪問介護や、家庭教師、工事現場などのあらゆる場面で、私たちがビジネスモデル特許を取得した「QR時計」が活躍しています。

QR時計


メキキLOGO メキキクリエイツ株式会社 TEL 03-5464-5185
office@mekikicreates.com